掛川市の外壁、屋根塗装・塗り替えリフォーム『向川塗装』

もっとくわしく知りたい方は…
営業時間 9:00~19:00 年中無休
0537-23-2620
0537-23-2620
無料お見積り・ご相談フォーム

住宅塗装なら向川塗装にお任せ!ベテランの塗装職人がお伺いします。

ホーム > なぜリフォームするの?

なぜリフォームするの?

外壁塗装の本来の目的は「壁に色を塗ってキレイにする」ということだけではなく、 それ以上に「家を守ること」が本来の目的です。
劣化したものは放置していても直りません

塗り替えリフォームの狙い

外壁塗装は家を美しくするだけでなく、家を守るいわば防壁のようなものです。
外壁は、お家にとって大事な部分をを覆う仕上げ材で構成されています。
その外壁を、風や雨、紫外線などからお家を守る防壁のような役目を果たしているのが、外壁塗装です。
屋根や外壁は、長い間ずっと風や雨、紫外線から住まいを守ってくれています。
どれだけ性能の高い塗料や製品であっても、時間がたつにつれて徐々に劣化していきます。
劣化が進んでしまうと雨漏りや不具合が起きてしまいます。
弊社では、住宅塗装のプロとして、みなさんの快適で安全な生活のために、
住宅のリフォームが、やりたいかどうかではなく、
「必ずやらなければならない工事」だと断言します。


まずは、お客様のお家の外壁をみて、建物の状態がどうなっているか確認しましょう。 建物は劣化が始まると時間がたつにつれどんどん悪化していきます。
早急に発見し、対応しておけば、それ以上悪くなることはありませんが、放置すると劣化がさらに進み、直すのに多額のお金がかかってしまうようになり、 さらに放置すると直せない…という事になりかねません。

塗り替え時期

塗装目安7~8年窯業系サイディングボード

【特徴】
石膏とセメントを混ぜ合わせた外壁材。
デザインが豊富なので選択肢が豊富なのも魅力の一つ。
断熱性はとても高いが寒冷地ではトラブルが起こることもある。
最近の住宅で人気な外壁材です。
【よく起こるトラブル】
・チョーキングや目地のコーキングが割れる。
・紫外線による変色)

塗装目安8~10年モルタル壁

【特徴】
石膏、セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材です。
優れた断熱性を持つ一方で、寒冷地では凍害が問題となるケースも。
最近の住宅で一番多く使われている外壁材です。
【よく起こるトラブル】
・紫外線による褪色・爆裂(寒冷地)
・目地のコーキング割れ
・ボードの反り・チョーキング

塗装目安10~15年トタン壁

【特徴】
金属素材のサイディングボードです。
金属素材のため、防水性が抜群で耐久性も優れています。
25~30年以上前に主流の外壁材でした。
【よく起こるトラブル】
・白サビ、赤錆などの腐食
・風による浮き
・退色

塗装目安
10~15年
金属系サイディングボード

【特徴】
軽くて耐久性も高いので、既存の壁の上に貼り付けられます。
断熱効果にも優れており、さびにくいのも特徴です。
スチールやアルミニウムなどの金属鋼板です。
【よく起こるトラブル】
・スチール素材:サビ、褪色
・アルミ素材:傷がつきやすい

塗装目安10~15年ALCボード(軽量気泡コンクリート)

【特徴】
断熱性、耐火性、耐久性に優れており、ビルなどによく使われます。
塗装が劣化したままですと、防水性が乏しいので内部からボロボロになります。手遅れになると、再塗装ができません。
コンクリートを軽量気泡化した外壁材です。
【よく起こるトラブル】
・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地)
・紫外線による褪色

塗装目安15~20年コンクリート壁

【特徴】
もっとも強度の強い外壁材です。
防水効果が劣化すると、コンクリートの内部に水がしみ込み、 専門的な改修が必要になるケースがあります。
【よく起こるトラブル】
・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地)
・内部鉄筋の亀裂、破損

向川流!塗り替え時期セルフチェック表

  • 新築時に比べて、外壁が色あせくすんでいる 劣化度

  • 壁に手を擦りつけると白い粉がつく 劣化度

  • 鉄部にサビがある 劣化度

  • 壁が反っている 劣化度

  • 外壁の塗装がはがれている 劣化度

  • 木部の塗装がはがれている 劣化度

  • 壁と壁のつなぎ目を指で押して、へこんだままになる 劣化度

  • 外壁にコケや藻などがついている 劣化度

  • 外壁がひび割れている 劣化度

  • かなり色が褪せている(カラーベスト) 劣化度

  • サビが見える(トタン屋根) 劣化度